読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

palm84.hatenablog.com

革命的愛熊主義者同盟!

それからの海舟 - 半藤一利

それからの海舟 (ちくま文庫)

それからの海舟 (ちくま文庫)

勝っつあんLOVE!&東軍(幕軍)贔屓を高らかに公言する半藤さんが敗軍の将である勝海舟のその後 = 江戸城無血開城後、を「アヒルの水かき」と称しつつ、その想いを半藤さんなりの痛快解釈で綴った評伝集ってかんじでせうか。

幕末の動乱期の中、幕臣の中心として江戸城無血開城という大仕事を成し遂げた後の人生を勝海舟はどう生きたのか。新旧相撃つ中で旧幕臣たちの生計をたてる道を探り、福沢諭吉らの批判を受けながらも明治政府の内部に入り、旧幕府勢力の代弁者としての発言力を確保して徳川慶喜と明治天皇の会見を実現。また一方では逆賊とされた盟友西郷隆盛の名誉回復に尽力した海舟の後半生に光を当てた名評伝。

Amazon.co.jp: それからの海舟 (ちくま文庫): 半藤 一利: 本

無血開城については終戦時の鈴木首相などの苦闘に通じるものがあるかなぁと。

全くの私見ですが、維新の三英傑は勝っつぁん、西郷どん、龍馬、とか思ってます。ってか、西郷どんも龍馬も勝っつぁんの弟子みたいなもんやないかい?勝っつぁん主導の維新を想像してみたりします。

ちなみに半藤さんはTVドキュメンタリーの解説者としてよく出てますが、普段のしゃべりの方は下手というかベタっちゅうか、その辺のおっちゃんみたいやなーとか思ってたりしますが(笑)。


ほなね

日本のいちばん長い日(決定版) 運命の八月十五日

日本のいちばん長い日(決定版) 運命の八月十五日

ノモンハンの夏 (文春文庫)

ノモンハンの夏 (文春文庫)