読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

palm84.hatenablog.com

革命的愛熊主義者同盟!

竜馬を斬った男 - 早乙女貢

竜馬を斬った男 (集英社文庫)

竜馬を斬った男 (集英社文庫)

幕末維新にその人生を散らした男たちのお話しってかんじでしょうか。表題作他短編7作収録。

表題作はショーケン主演にて映画化されてましたね。

『竜馬を斬った男』(りょうまをきったおとこ)は、早乙女貢の短編歴史小説。幕末期を生きた京都見廻組の佐々木只三郎を描く。

竜馬を斬った男 - Wikipedia

幕末官軍側の3大悲劇は個人的に好きだったりします。この本には水戸天狗党と天誅組の話が載ってます。(赤報隊はなし...)

会津藩士の三男坊・佐々木只三郎。精武流の剣と宝蔵院流の槍を学び、立身を夢見て江戸へ。やがて京へ上った只三郎は、その剣技と知謀を認められ、京都見廻組与頭となる。討幕を呼号する尊皇過激派の跳梁跋扈が熾烈化すると、まず尊皇派の清河八郎を暗殺、そして坂本竜馬を狙い…。表題作他、激動の幕末を至純な情熱で駆け抜けた若者たちと、彼らを愛した女たちの切なく哀しい生き様を描く全七篇。

竜馬を斬った男 (集英社文庫) | 早乙女 貢 | 本 | Amazon.co.jp
竜馬を斬った男

龍馬暗殺犯の一人、佐々木只三郎の半生

若き天狗党

藤田東湖の四男、小四郎の攘夷旗揚げから地獄への転落

周作を狙う女

剣豪・千葉周作をつけ狙う女剣士の話

ある志士の像

尊攘思想を信じた純粋青年が同志に裏切られ死んで行くみじめな半生を描く

最後の天誅組

天誅組組長こと青年公卿・中山忠光の悲運

近藤勇の首

近藤を慕い、その首を奪取する女の話

逃げる新選組

甲府城占領に失敗し敗走する土方歳三の末路


ほなdos


竜馬を斬った男

竜馬を斬った男

悪霊―松永弾正久秀 (新潮文庫)

悪霊―松永弾正久秀 (新潮文庫)

会津士魂 全十三巻セット (集英社文庫)

会津士魂 全十三巻セット (集英社文庫)