読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

palm84.hatenablog.com

革命的愛熊主義者同盟!

Easy2Boot [v1.78A]

USB Boot Easy2Boot

f:id:palm84:20160326040325p:plain

超高機能ツールなので(笑)、あんまり詳しくわかってませんが覚えたことをめもしていきます... ちょこちょこと更新中です。

INDEX

概要

基本はisoのコピーだけでマルチブートUSBメモリ作成が可能なツール。UEFIブートも少し手間ですがマルチブート可。

v1.78A での確認です。

下記は v1.60 での確認。基本は同じですが v1.78 では機能が増えてます。

ダウンロード

下の [Alternate Download Areas and Archives] は開発版や旧バージョン。

作成方法

基本的にはこれだけ...

  1. MAKE_E2B_USB_DRIVE (run as admin).cmd 実行
  2. iso などをコピー
  3. デフラグ - MAKE_THIS_DRIVE_CONTIGUOUS.cmd

バージョンアップで Easy2Boot のファイルのみ置き換える際は UPDATE_E2B_DRIVE.CMD を実行。

ブート種類

【5】は私には難しすぎてよくわからない... 。゚(゚´Д`゚)゚。

  1. isoを一気にロード - WindowsPE、小さなLinuxなど
  2. isoを仮想パーティションに展開
  3. Auto-Suggest - 拡張子で指定 - WindowsPE なら isoPE など
  4. ISOBOOT スクリプト - ファイル名から Ubuntu など isoブート対応のパラメータを自動選択
  5. .mnu ファイル作成
CONTIG.ISO

f:id:palm84:20160326214737p:plain

isoが断片化していて書換できない場合はこのファイルにコピーされて書換可能になる。但し、初期サイズは 476MiB。

UEFIブート

  1. FAT32パーティションイメージ = .imgPTN ファイル作成
  2. .imgPTN 1つのみをUSBメモリへ展開し、単一ブートのUSBメモリ作成

作成した .imgPTN ファイルは UEFI/MBR(BIOS) ブート両対応。

  • UEFI Secure boot 対応iso :
    • KNOPPIX 7.6.1
    • Ubuntu 64bit 12.04 以降
    • Clonezilla Live alternative 64bit
    • Avira Rescue System
    • Paragon Backup and Recovery / Rescue Kit bootcd_x64.iso
    • Partition Wizard Bootable CD x64
  • UEFI 対応iso(Secure boot は非対応):
    • SystemRescueCd
    • Super Grub2 Disk
パーティション・イメージ・ファイル作成

ツール類

RestoreE2B (run as admin).cmd

.imgPTN 書換後の \e2b\ にある Easy2Boot 初期構成に戻すバッチファイル。

Sample mnu files

_ISO\docs\Sample mnu files にいろいろあります。

とりあえず2つ追加してみた。_ISO\UTILITIES へコピー。

  • E2B Menus\Grub2_Boot.mnu - GRUB2 をチェインロード
  • E2B Menus\grub4dos shell.mnu - Grub4dos コマンドライン

f:id:palm84:20160327145941p:plain

いろいろ


netboot.xyz

netboot.xyznetboot.xyz.lkrn ファイルをコピーするだけでおkでした。

ノートンブータブルリカバリツール

拡張子を isoPE に変更でおk!(※ 仮想PCはだめ)

GRUB for DOS

ほなやき


関連めも

SanDisk Cruzer Fit USBフラッシュメモリー 16GB  (5年間保証)[国内正規品] SDCZ33-016G-J57

SanDisk Cruzer Fit USBフラッシュメモリー 16GB (5年間保証)[国内正規品] SDCZ33-016G-J57